毎日口にするものが薄毛の原因になっている・・・

私達日本人は食文化の豊かさでは現在世界の
トップを競うほど高レベルだと言われています。



しかし反面、インスタント食品や加工品が
もの凄い勢いで登場してきました。


育毛成功させるには、
インスタント食品やコンビニ弁当などに
標記された添加物が身体にどんな影響を与えるかを
知っておく必要があります。


皆さんは学生の頃や独身の頃、「安い」ことを
理由にインスタント食品を
かなり食べませんでしたか?


このインスタント食品や、ファーストフードは
薄毛体質を作りやすい
食べ物であることは、現在ネットの普及で
多くの方が知るようになってきました。



たとえばコンビニで気軽に買うような「サンドイッチ」


野菜や卵も入っていますので、栄養価もとれそうで美
味しそうですよね。
実際、食べても美味しいしです。


ところがあの鮮やかな卵の黄身色を出すために
使われているのは着色料です。


そしてサンドイッチに塗られている
ドレッシングのようなものは美味しさを
出すために添加物がてんこ盛りの「グルタミン酸」
を混ぜた水と油の乳化ペーストなのだそうです。


これが家庭ではなかなか出せない美味しさの
秘密みたいですね。


そういえばハンバーガーのファーストフード店でも、
非健康と言われながら、つい食べたくなるような
「やみつき」になる味です。

  
あちらも添加剤がてんこ盛りなわけです。


サンドイッチやハンバーガーに限らず、
スーパーで並んでいる野菜なんかも売れるためには
鮮やかな色が失せません。

  
当然ながら、いろんな保存料やPH調整剤などが
多量に使われているわけです。


総合すると、たったひとつの加工食品で
最大100近い添加物が使われているという
調査結果もあるくらいです。

  
サンドイッチやハンバーガーだけでなく、
日本食「おにぎり」も同様です。


コンビニだけではなく、スーパーもデパートも
例外ではありません。

お漬物などで「低塩漬物」としてあっても、
代わりに多量の添加物が入れられています。


  
忙しい毎日をおくる現代人が、
より簡単にすぐ食べられて美味しくてしかも
安いものを追求してきた結果なのです。

  
特に危険なのはリン酸(Na)もしくは(K)と
標記されているものです。


代表的な加工食品では、フライドポテトですが、
リン酸はカルシウムとやマグネシウムと混ざると
体内のミネラル成分が体外に排出されてしまう
作用があります。


これでは、いくら栄養価が高いものを口にしても、
反対に体調がどんどん悪くなってしまいます。


薄毛になる人は
最初にやられてしまいます。

  
奥さんが生の素材から手料理をつくってくれる
人はともかく(最近ではいくら結婚していても
難しいかも知れません)加工品を使うことが多い家庭や、
一人暮らしの人はどうしたらいいのか・・・?


そんな場合は一つの目安として、買おうとする
食品の成分表示を
見る習慣をもちましょう。


そして、めったに見ないような添加物の表示を見つけたら
なるべく食べないようにすることが髪の毛
身体を守り、結果的に毒素がたまらず免疫力が高い身体を
つくることになるのです。


もちろん、髪の専門医の臨床医学から誕生した
専用サプリを飲むことも抜け毛を減らし、育毛成功させる為には必要です。


臨床医学から誕生した

飲むヘアケア!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。