発毛を邪魔するもの・・・

私達人間は毎日の暮らしの中で、知らず知らず
有害物質を体内に入れてしまっています。

髪の毛には一定周期によって
抜け落ちることにより、たまった有害物質を
対外に排出する重要な役目があります。


ですので薄毛をあきらめて放置せず、
このサイトに書いてある育毛法で積極的に
育毛を目指して下さい。


健康オタクと自他共に認めている、水道橋博士
本気で育毛に取り組んだのは、
見栄えだけでなく、このような健康面もあっての
ことでしょう!

あなたはまだ間違った育毛法を実践し続けますか?



タバコは「育毛成功を阻害する」、「抜け毛が進行する」と
いわれていますが、科学的にははっきりとは解明されていないようです。


ですが、私は20年以上育毛発毛を研究してきた経験から

「本気で育毛成功させたいのならタバコはやめましょう!」

と断言します。


タバコを吸うと抜け毛が増えるとは直接的には思いませんが、
育毛を阻害をさせ発毛の邪魔になる事は間違いありません。



喫煙をすると血管が収縮し血液の流れが悪くなります。

当然、血液で運ばれてくる発毛に必要な栄養素も
毛根に届きにくくなります。


そして、それ以上に「喫煙によるビタミンCの破壊」が
薄毛の方には最も怖いことなのです。


タバコを吸うと、腸壁からのビタミンC吸収率が低下するうえに
体内でのビタミンCの代謝が早まります。


ビタミンCは抗酸化作用を持ち、活性酸素の除去、抗ストレス、免疫機能の
増加作用等さまざまな働きをします。


そのビタミンCが喫煙によってどんどん失われていくのです。


他の動物と異なり、人間とチンパンジーは自分の身体の
中でビタミンCを作ることができません。

口から摂取するしかないのです。

しかしいくら野菜や果物を食べても、食後の一服で
かなりのビタミンCは破壊されてしまいます。


大きなストレスを抱えてまで禁煙するのは逆効果ですが、
育毛成功を望むなら、出来るだけ禁煙して下さい。


もしどうしてもタバコがやめられないのであれば非喫煙者よりも
ビタミンCを多く取ることを心がけましょう。


栄養はバランスが大切ですので、育毛に必要な
育毛専用サプリメントも効果的です。

臨床医学から誕生した飲むヘアケアサプリメント!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。